atelier SUETOMO
ここ最近、窯作業が多いです。
主に、生徒さんからの頼まれ物。
窯の調子がよくなかったりで、失敗も数回。
ちょっと効率が悪かったのですが、ようやく、窯も復活。

生徒さんからの頼まれ物の楕円形のガラス玉。
これがなかなか難しく、悪戦苦闘。

ガラスは焼くと縮むのですが、この縮み加減を見極めるのが難しくて。
思うサイズになかなかなってくれません。

写真左が焼く前、右が焼成後。

角は丸くなり、中心に向かって引っ張られ、盛り上がります。
撥水加工面にある、水滴のような。
温度、焼成時間(回数)で、この縮み具合は違ってくるから難しい…。

3mmくらいの板ガラスは、だいたい4.5~5mmくらいまで盛り上がります。

思った通りの形、サイズにするには地道なデータ蓄積が重要なようです。

実験が手軽に出来る小さな窯が欲しいな~。(最低5万くらいする)

Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.