atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。

2月最後の教室は完成品ラッシュでした。
先日、今月完成品は、あと1個くらいか…と書きましたが、とんだ勘違いでした。
誰が何を作っていて、どこまで進んでいて…という記憶がボケボケだったようです。



まず、N原さんの干支パネル。


金色のヘビが眩しいッ!
金色を浮き立たせるために背景はあえて抑え気味。何となく「大奥」をイメージします。

そして、あ…なんかまた背中に乗っている(笑)

N原さんと言えば辰パネルの時に辰年生まれの息子さんに見立てた太郎を背中に乗せたスペシャルバージョンでしたが、年子の息子さんのために巳にも乗せちゃえということで、「次郎」です。


もはや、物語の原作がどうとか関係なくなっていますが、いいのです、兄弟平等に。
そして、でんでん太鼓を持っていた太郎に対抗し、次郎はなんとお勤め先の「社旗」を持っております。愛社精神の強い息子さんだそうで。 

母の愛ですね。息子さん、喜んで下さることでしょう。




H部さんのフォトフレームが完成。


これは急遽お友達に頼まれ、超特急で作られました。
先週ガラスを購入され…今日完成という猛スピード。
制作過程を知らないかたからしたら、ステンドが手間のかかるものだというのはザックリとしかわからないと思うので仕方ないのですが…。
リクエストに応えられ、本当によく頑張れました。

ピース数は出来るだけ抑えているのに、そう感じさせない、上品でステキなものとなりました。
前から付けた小さな葉っぱたちがよいアクセントです。
そして、急いだにもかかわらず、美しい仕事には毎回脱帽です。
注文されたお友達もきっと喜んでいただけることと思います。




Sさんのキャンドルホルダーが完成。


ポコポコとテクスチャーのあるクリアのガラスをベースに、クリアと淡いシャンパン色のガラス玉をポイントに。
極々、シンプルなデザインですが、凄く落ち着く優しい雰囲気を醸し出しています。

アトリエにあったキャンドルが小さくなっていて、光量が弱く、光の影の出方が少し弱いのですが、新品のキャンドルだったら、もう少しキラキラ感が出ていたと思います。
Sさん、本当にごめんなさい。

キャンドルを入れなくても、自然光のもとでも、この淡い感じがとってもステキです。





最後にK島さんのコンセントライト。
オンマウスで別角度が見られます。


一言、カッコイイです。
オレンジのガラスを2種だけ使っています。
細くスリットが入ったデザインで、何気にピース数も多く、見た目より、ずっとハンダの難度の高いものです。

アンシンメトリー光のラインが本当にカッコイイ。


ハンダの太い黒いラインさえも、デザインのひとつのような…。
力強くて、あたたかい、ずっと見ていたくなるコンセントライトとなりました。



いや~、それにしてもたくさん完成した一日でした。写真がもう大変

Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.