atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。

午後からは体験のかたが。

ご予約の段階から、小物入れを選択。

とてもテキパキと手際よく作業をすすめられるかたで、余裕で時間内に完成しました。
体験で、時間内に出来上がることはあまりないのですが…。

暖色系のとても可愛らしい色合い。
ご本人の印象とかぶります。





墨と絵の具で、フワッとしたタッチで描いたようなこの画像。


これ、実はフリモントというアンティークグラスのアップです。

以前、ご一緒したガラス問屋さんで、この板に一目惚れされたI井さん。
目的は別のガラスだったのですが、特に何かに使う目的もなく、ただ、ただ惹かれてしまったのですよね…。

わかります、わかります。

切るのはもったいない!ということで、そのまま飾ることに…。
で、こんな木の額を特注しました。約70cm×50cm


アンティークグラスは真四角ではなく、手吹きで変形しています。
さすがにそのままでは難しいので、最小限にカットして、それに合わせ、額を変形にしたという…。
友人の家具工房GAKUさんにお願いしました。
この渋い焦げ茶の木はウォールナットといいます。もちろん、縦にもセットできます。


そして、I井家のリビングにて…。


ステキなお庭の白いタイルとグリーンの芝を向こうに、ガラスの美しさが際立っています。
ほんと素敵。


Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.