atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。


先日に続き、体験のかたがお見えに。
時計を選択されました。。

何と、申し合わせたかのように、先週土曜日の体験のかたとよく似た雰囲気のブルー系。
こう暑いと、皆さん色に涼やかさを求めるのでしょうか。

とても遠方からお越しいただいたのですが、近くにステンド教室がなく、独学でステンドをもう何年かされているそうです。

今回は、主にハンダの技術を学びたいということで、申し込んでいただきました。
ハンダの他にもちょっとしたコツとお教えすることができ、よかったと思います。

短い時間でしたが、ハンダのコツも感覚で随分つかまれたように思います。
とても美しく完成しました。




S藤さんの500円玉貯金箱が完成。
手のひらに乗る、ルービックキューブくらいの大きさです。


S藤さんらしい、とてもかわいい色合いです。
大きさもそうですが、色も少しルービックキューブっぽい。

小さいですが、500円玉専用なので、満タンになれば、そこそこの額にはなるはず。


…ただ…。

「ちょいちょい、取り出すかも…」ということで、写真に写っていない方の面の下部に5mmほどのスリットが…。

うん、かなり、簡単に取り出せます。
なかなか満タンにはならないかもしれません(笑)




H江さんの小さな小さなハンドバッグのネックレスが完成。
約3cm×3cm、厚み1cmほどの極小サイズ。


何と可愛らしい。

「ステンドで小さなカバンを作って、そこにスワロのビーズを入れたネックレスを作りたいんです…と相談をされたのですが…。
3mmの厚みのあるガラスで、とっても小さな立体のカバンを作るのがどれほど大変か…。
しかもフタをパカパカ開閉したいというご要望。

ガラスの厚みの部分を45度に削ったり、バッグの小さな金具を作ったり、それはそれは大変でしたが、何とか可愛らしく完成したので、結果オーライ。

でも、お友達に「かわいい~作って~」と言われても、絶対断って下さい(笑)




O智さんの一輪挿しが完成。高さ10cmほど。


極シンプルなだけにガラスの組みあわせがとても難しいデザインです。
上部の4面はクリアの型板とクリアにホワイトの模様が入ったガラス。
下部はピンクとブルー、黄緑、クリアに黒の小さな模様の入ったガラスの4種。

ガラス選びに相当悩んだだけのことがあって、それぞれが殺し合うことなく、よいバランスになったと思います。

別角度からのアップ。


上品で可愛らしいです。



この一輪挿しのデザイン、体験の新メニューにする予定だったのですが、没案にしたもの。
偶然なのですが、比較的まだ経験の浅い、2名の生徒さんに、このデザインで作っていただいのですが、限りある時間の中で、初心者にキレイに作っていただくには、かなり難しいということを再確認。

没にしてやっぱり正解でした。


Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.