atelier SUETOMO
午前、雑務。
午後より教室。

今日は阪神淡路大震災の日。あれから14年。
1995年の1月16日は東京にいて、最終の新幹線で神戸の自宅に帰ってきたのが1月17日の0時過ぎ。

荷物の整理をしたり、しばらくゴソゴソして、ふとんに入り眠った直後にきた…という記憶です。
「地震がきたら、まず、これを」なんていう類のものは一切できない、揺れに身を任せることしかできない激しいものでした。

周りが明るくなって、その惨状も明らかになり、これは記録しておかねば、と当日撮った写真です。いろんな物が取り出せなかったのですが、カメラはけっこうすぐ出せたので。このとき、パジャマにコートを着ていました。

このピローンと窓枠が外れた2階部分で寝てました。
家の前は、ご覧の通り、うちの壁と門、お向かいの壁と、隣の植木などが幾重にも重なり、ナンノコッチャという状態。

上の写真と同じ地点から、一方通行の→の向きに撮った写真がコレ。
もの凄い崩れ方ですが、奇跡的にこのあたりの住人さんは無事。
うちの近辺は、それはそれは古いおうちが多く、木造平屋だったのが、かえって幸いだったのかもしれません。

・・・凄かったな~。


毎年貼っている、お気に入りブログ、さとなおさんのこの記事。
今年も。皆さん、是非、ご一読の上、今一度、災害に備えての準備を怠りなく…。

Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.