atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。


O崎さんの小物入れが完成。体験メニューと同じ形です。(直径13cmほど)


バラの模様の型板ガラスを上手に使われました。
ブルグリーンとクリアのガラスのコントラストが美しいです。

底のガラスも美しいガラスなのですが、このチョイスがO崎さんらしい。
個性的で、素敵なものとなりました。




7月の教室は本日で終了。
8月、アトリエスエトモは教室のお休みをいただいております。

毎日湿度の高い暑い日が続いています。ほんと、毎日しんどいですね…。

皆様、ご自愛下さい。

午前、午後とも教室。


T中さんのティッシュケースが完成。縦置きタイプです。


前回のオブジェに続き、端ガラスを利用したスペインチック(ガウディチック)なデザイン。

ランダムに切ったガラスを色分けして、ブルーのラインを作っています。
三角屋根のようなデザインのところは型を作り、そこに添わせてカーブをつけました。


横から見ると、この立体の感じが伝わるでしょうか。


とっても根気のいる作業をよく頑張られたと思います。
素敵です。



もう一つ、T中さん、端ガラスシリーズ。


これだけだと何かわからないと思います(笑)



なんと、デジタル時計カバー。


記念品でいただいた時計に漢字でどーんと名称が入っていて、それを隠すために。

無機質なグレーのデジタル時計がこんなにアーティスティックに!
この発想が面白いですね。

こちらも素敵に完成です。





I口さんのブラケット照明が完成。


これは実は2つ目で1つ目は随分前に完成していました。2つとも同じ物です。

壁つけ照明の構造上、写真を撮るのが難しく、1つ目は記録していなかったのですが、素敵なので、何とか教室の壁に工夫してくっつけてみました。

壁面に広がる影は計算通り。

とてもシンプルなのですが、ガラスのチョイスが秀逸で、すごくオシャレで、インパクトのあるものになりました。



本当は、この写真を撮るとき、あくまでも仮で電球をつけているので、下にコードがピローンと出ていました。仮の写真だし、そのままでもいいかな、とも思ったのですが、やっぱりデジタル加工で消しました(笑)。
実際におうちに取り付けるところには、もちろん専用の金具と配線がきているので、この写真のようにコードはありません。

午前、午後とも教室。



I井さんの時計、第二弾が完成。8cm角ほどの小さな時計です。


前回作られたのと、同じサイズです。

デザインは、よりシンプルに。でもとっても素敵。

ちょっとした場所において、チラッと時間を確認するためのもの。


今回のコはお手洗いに。
設置した写真を早速送っていただきました。


お手洗いに、こういうちょっとしたスペースがあるのが素敵ですね。
小さなスペースも愛でるという、暮らしの豊かさが伝わってきます。




H部さんの鏡が完成。高さ21cmほどだったかと。


縦長でスタイリッシュ、でも、このカラフルさがとっても可愛らしいです。
今まで使ったガラスの端ガラスたちを有効利用。
と、言っても、小さな小さなピースばかりなので、そんなに端ガラスたちは減ってません(笑)

小さなピース一つ一つ、こだわってガラスを選びました。
バランスもいいと思います。

丁寧に作られたので美しい完璧な仕上がりです。
素敵に完成しました。

午前、午後とも教室。



I田さんの兜が完成。 5歳児くらいがかぶれるサイズです。


赤い兜に金の角。
なんと華やかでカッコイイ!

ちょうど昨年の大河ドラマ「真田丸」が終わった頃に作り始めました。
真田の赤い兜を見て、赤もアリかも!と今年の端午の節句を目指して頑張っていたのですが…。

この立体感で伝わると思うのですが、これ、組み立てていくのがけっこう大変なのです。

4月の中旬頃、「もう来年に向けて頑張りまーす」というモードになり(笑)、ゆっくり確実にということで、丁寧に取り組まれ、この仕上がり。

センターは赤いガラスとメタリックのガラスを重ねて焼いたものです。
これが予想以上にかっこいいシンボルになりました。

最後につけた金色のスパンコールの装飾も効いています。


後方。


真っ赤!
難しいナミナミのハンダも丁寧にされたので、とても美しいです。

来年、どどーんと飾ってくださいね。


この兜の原型は、愛知県の「アーティストショップ A&MO2(エーアンドモモ)」さんのものです。
こちらは、いろんなステンドグラス・キット(型紙のみも)を販売されています。

この兜は、もとの形から、角や装飾など、アレンジして作りました。




I口さんの蓮のランプ、2つめが完成。
自然光のもと、1つめと並べて写真を撮ってみました。


今回、この蓮のランプに使われた乳白のガラスはほどよく光を通し、とても柔らかく上品な雰囲気を醸し出します。
2つ並べると、一層素敵ですね。

I口さん曰く、「お盆感が出ました~」とのこと。

お盆でなくとも素敵ですが、お盆に間に合ってよかったです。



梅雨明けしました。
今朝、いつもより蝉の鳴き声が激しくて「お、そろそろか?」と思ったらやっぱり。
彼らはよく知っています。

それにしても連日連夜、暑すぎますね。
しっかり睡眠とって、水分とって、しっかり食べて(それは大丈夫)、なんとか乗り切らないといけないですね…。

午前、午後とも教室。
本日は完成品はありません。


9日(日)は月イチ日曜教室だったのですが、その時の完成品を。



S地さんの作品が2つ。

1つ目はコンセントライト。


教室でガラスを切ったのですが、仕上げはご自宅で。
仕上げた物をもってきていただきました。
淡いピンクの優しい色合い。

小さなガラス玉ですが、いいアクセントになっていると思います。


2つ目は一輪挿し。


写真では見えませんが、中にとても小さな透明のガラスの容器が入っています。

八角形のシンプルなものですが、ツタ系のを葉っぱを斜めから出すといい感じになりそうですね。




I口さんの蓮のランプが完成。


五角形をベースにした、立体のお花になっています。
樹脂製のキャンドルホルダーのデザインをもとに製図しました。
なかなかに、難易度の高い製図でした。

選んだガラスは乳白の石目のガラス。
花びらが重なったところは、このガラスの特性で、少しオレンジ味を帯びます。


上から見ると…星型が!


意図したわけではないのですが、嬉しい結果に。


消灯時はこんな感じ。


そう、消えてる時も美しいのです。

お盆に向けて、もう一つ作られています。
お仏壇の前に2つ並ぶと素敵でしょうね…。


Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.