atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。



K林さんの一輪挿しが完成。高さ10cmほど。


体験メニューの一輪挿しから少しアレンジして作られました。
渋めのグリーンを基調とした、シックな色合い。

流れの模様のある白いガラスを2面大きく使い、色の面とのコントラストをつけておられます。
シンプルですが、さりげないセンスを感じる作品です。





N村さんの「大切な物」をしまっておく入れ物…。高さ16cm。


内側の白い六角柱と、外側の3面だけ模様を入れた六角柱の二重構造になっています。
三角屋根の上部には8mmの真鍮玉をハンダでつけました。

構造が少し複雑で試行錯誤しましたが、想いのこもった素敵なものになりました。





F田さんの一輪挿しが完成。高さ12cmほど。


こちらも体験の一輪挿しベースから、デザインをアレンジされました。

緩い円弧を描いたデザイン。曲線になるだけで柔らかい印象になります。
テクスチャーの美しい寒色系のガラスたちの色合いがとても爽やかです。


こちらに、お母様が作られた粘土細工のお花を飾ってプレゼントされます。
いけた写真がコチラ!


素敵~!
ステンドとの色合いもバッチリですね。

それにしても、なんとクオリティの高い、素晴らしすぎるお花。
粘土で作られているようには見えません。


とてもリアルな、すずらんと桔梗。
この季節のお花はすぐ枯れてしまいますが、これだけクオリティが高ければ、生花より、むしろこちらのほうがよいですね。


お花のアップ。


すごーい!
この一つ一つを手で、粘土で作っておられるなんて!
お花はもちろん、葉っぱの色合い、細かな葉脈まで、繊細で素晴らしいものでした。


プレゼントされるかたがうらやましい、母娘コラボ作品となりました。

昨日、一昨日と教室があり、それぞれ完成品があったのですが、少しバタバタしており、アップが今日になってしまいました。



まず、4日(火)、O本さんのお雛様が完成。高さ15cmほど。


昨年、お母様のために作られて、今回はご自分用に。
来年に向けて作られました。
男雛も女雛もフラクチャーという薄いガラス片が入っている美しいガラスを使われています。
涼しげで光の透過もよく、とってもきれい。

昨年は立体に組んでいくとき、少し苦労されましたが、今回はとてもスムーズに。
上品で、きれいな作品となりました。




そして、昨日5日(水)、完成したS岡さんの猫のミラー。15cm角ほどです。


ニャーンと可愛い!
実際には存在しなパステルカラーですが、にやけてしまう可愛らしさです。

ガラス選びの時、そう来るかというガラスチョイスにビックリしましたが、今やなんの違和感もなく…(笑)


お目めはガラス玉の裏側から黒目を描いて焼き付けたのですが、本当に猫の目っぽい。

写真を見て気づいたんですが、撮る方向でニャンコの見てる方向が変わるという…。


メイクの時に使われるそうですが、可愛い猫に見守られて、テンション上がりそうですね。
ほんと、可愛いです!

午前、午後とも教室。



A立さんの傘立てカバーが完成。高さ35cmほどだったかと。



アイアンのシンプルな傘立てに、素敵なカバーを作りました。
発想が面白いです。

角に置くので、二面だけ。
ステンドのガラスには直接濡れた傘や、尖った傘先が触れないようになっています。

ブラウン系の渋い中にキラキラ光るジュエルグラスをポイントにするところがA立さんらしい。
シンプルですが、ゴージャス感のある作品となりました。



湿度が高くて…。
朝からゲンナリしますね…。週末は真夏日だそうです。

皆様、ご自愛のほど。

午前、午後とも教室。


O崎さんの小さなランプが完成。350ml缶くらいのサイズ。

このデザインは昔作ったランプのちょっとリニューアル版。

前は淡い赤紫ベースだったのですが、今回は石目のブルーグリーンのガラスをメインに。
色味としては深いのですが、テクスチャーのあるガラスなので、キラキラと華やかで、小さくともこの存在感。

周りにも色の影が放射状にひろがります。

こちらはプレゼントする予定…ですが、あげるか悩んでおられました。
素敵に完成すると、自分の手元に置いておきたい衝動に悩みますよね。




F田さんのアクセサリーボックスが完成。

もの凄ーく渋いんですが、もの凄ーく素敵です。


濃紺にラメが入ったガラスと、オリーブ色っていうんでしょうか、何とも言えないニュアンスの色味です。

これ、実は中に無印良品の引き出し型のアクリルケースが入っています。


その中にまたアクセサリー用の内箱仕切をセット。
けっこうバリエーションがあるようです。

アクリルケースがピッタリ中に収まる箱を作り、引き出し部分にはガラスを貼り付けてあります。
引き出しの部分をもう少し凝るか悩んだのですが、ここは潔く一枚だけで。
全体のバランスを考えるとこれで正解だと思います。


上面のオリーブ色のガラスは、氷裂紋とかクラッケル、もしくはクロコダイルというテクスチャーのアンティークグラスを使っています。


シンプルですが、高級感のある、本当に素敵なボックスになりました。

午前、午後とも教室。

本日は完成品はありません。



先日完成したK島さんの3連の吊りランプ、ご自宅で設置した写真をいただきました。


やはり、とてもいい感じですね~emoji

電球はLEDなのですが、あえて電球色にはせず、中白色で。
電球色は暖かみがあってよいのですが、どうしても元のガラスの色より、黄色くなるというか、少しニュアンスが違って見えるのですが、中白色にすると、よりクリアに見えます。

なんとオシャレなリビングなのでしょう。
昔作られたパネルもチラッと写っています。




ステンドグラスの作品展をしている時に、お客様によく言われることの1つで、ご自宅は作品がたくさん飾られていて、さぞ素敵な空間なのでしょうね~というのがあるのですが、自宅は、一切飾ってないです。

「先生、それ、本当にことでも言うたらあかん~」って、生徒さんに怒られてます(笑)


あ、干支パネルは飾ってますemoji

Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.