atelier SUETOMO
午前、午後とも教室。



A立さんのパネルが完成。 高さ1m29cm。クリックで拡大します。


フランク・ロイド・ライトの「ツリー・オブ・ライフ 」を。

上半分の細かいピースと、下半分の大きなパーツ。
上下で違う大変さがありましたが、約4ヶ月、黙々と、本当によく頑張られました。

凄くカッコイイです!

お玄関の横に入れられるんですが、とても目を引きそうです。


このサイズだと、ケイムで組むのがよいのでしょうが、周囲をがっちり補強をして、カパーテープ技法で。

今日はあいにくのお天気で、写真がベストの状態ではないのですが、それでもやはり、大作は違いますね!
見入ってしまいました。

あとは、設置をしてくれるご主人に頑張ってもらいましょう!

午前、午後とも教室。



O崎さんの立体星のオーナメントが完成。


余りガラスで作られました。
O崎さんらしい色合い。
なんと一気に3つ作られ…。


3つ繋げました!


1つだけぶら下がっていても、もちろん可愛いのですが、3つ繋ぐと、また何と素敵な!
構造上、強度的には3つくらいが限界でしょうか。

丸カンをつけて、ボールチェーンで繋げていく作業が少し大変でしたが、本当に可愛らしく完成しました。





N村さんのコンセントライトが完成。


ガラス選びから始まり、完成まで何と午前の1コマだけでの大特急仕上げ。
急遽、プレゼントすることが決まり、頑張って作られました。

そんなことを感じさせない可愛らしい作品になりました。
喜んでいただけますように。

午前、午後とも教室。


本日は完成品はないのですが、昨日の2作品を。




まず、H部さんの立体星のオーナメント。


青い模様のあるガラスとクリアの型板2種で作られました。

ガラスの雰囲気から、ハンダは黒に。締まっていい感じです。
とてもきれいに完成しました。
あと、もう一つ作られる予定。



うちの教室では、作品に応じて、ハンダゴテのコテ先を変えてます。
こういう繊細なものには、先端の細いものを。
真鍮をつけるときや、一気に太い線をハンダしたいときは、太いコテ先を使います。




もう一つ、O内さんの課題後の初作品、ミニツリーが完成。高さ8 cmほど。


シンプルな全8ピースのツリーです。
透明パターンと、木の幹だけオレンジのもの。
オレンジの幹が何だか素敵。

ハンダもそれぞれで銀と黒に。

2つとも、とても可愛らしいです。


これだけシンプルであっても可愛いって、ガラスという素材は素敵だなぁと、あらためて思います。

日没時刻や、お天気などの影響で写真がきれいに撮れなかったり、SDカードリーダーの調子が悪く、画像がとりこめないなど、複数の理由が重なり、更新が遅くなりました。




まず、14日(火)に完成していたN波さんの干支パネル。


クリーム色のワンちゃんです。
お口の周りの色が濃いパターン。そして、N波さんの好みで少し寄り目に。

何とも愛嬌があります。ちょっとテリアっぽい?

赤とグリーンとブルー、そしてクリアのバランスがよい、爽やかな雰囲気になりました。




15日(水)、完成、S岡さんの立体星のオーナメントが完成。


余りガラスで作られたので、色とりどり。
とっても可愛らしいですが、何となく落ち着きもあります。

尖ったところに丸カンをハンダ付けするのに一苦労しましたが、何とか。

とてもきれいに完成しました。




N原さんの小鳥のオブジェが完成。高さ25cmほど。


この立体感、写真で、どれだけ伝わるのか…。

デザイン本からのものです。
前に同じ本から、2羽バージョンのを他のかたが作られたのですが、N原さんは最多の3羽バージョンに。

前も思いましたが、板ガラスから、こんな立体感と躍動感が生まれるなんて。
さえずりが聞こえてきます。


少し角度をかえて…


小鳥の位置決めをしている時、ふと気になり…。

「みんな同じ方向、向いてません?1羽くらい反対向いてても…」と言うと、ちゃんとそこには納得のストーリーが!

上にいる青い鳥がお父さん、その横がお母さん。
上段の2羽の下気味の視線の先には、今から巣立とうとする我が子。

大丈夫?飛べる?

というシーンだそうです。感動的。

1羽のオスに2羽のメスが…なんてゲスい想像してごめんなさい(笑)



鳥はもちろん、葉っぱも枝も立体的についています。

いろんな角度から、眺めたくなる、素晴らしい作品となりました。




そして本日18日(土)。


O智さんの時計が完成。


ここ最近、3連作で作られたシンプル3ピース時計。 
シンプルゆえに選びに選んだガラス。
その甲斐あって、今回もとってもオシャレです。


左右のガラスはフリモントのアンティークグラス。


センターのガラスとの相性もバッチリ。
時刻の表示の小さなガラス玉もよいバランスです。





N濵さんのランプが完成。直径22cm。


私の丸いお花のランプのアレンジバージョンです。

クリアにオレンジ、ブルー、ホワイトの模様のガラスと、緑味のブルーの2種のみ。
ガラス玉は乳白です。


本当はこのベースでははなく、同じテイストのフロアスタンドに設置するのですが、そのスタンドが取り寄せのため、とりあえず、雰囲気だけでもと。


ガラスのアップ。


透けているガラスなので、いつもの25Wだと少し眩しくなってしまいます。
なので電球は15Wです。光量が小さくなるとオレンジ味を帯びて、より暖かい雰囲気に。


透けているゆえの壁に出る色の影の美しさ。


他の作品をしながらですが、1年かけての完成です。

素晴らしいです。





ラストです。

K玉さんのランプが完成。13cm角ほど。


それはそれは美しい、ブルーグリーンのガラスをメインに使った立体的なデザインです。

いつも紙で模型を作ってこられ、こんな感じの立体にしたくて…という相談から始まるのですが…。
至極、シンプルなようで、それでいて、なかなか難しい形でした。


見る角度で表情が違います。


上の写真はくびれていて、下の写真はふっくらとした感じ。


上部は抜けた状態にするか悩んだ末、クリアの型板と、スリガラスのような質感のガラス2種で作りました。
メインのガラスの強さとケンカせず、それでいて、品よく主張していて違和感のないよいバランスになりました。

美しいランプです。




完成ラッシュでした。
年内にあといくつ完成するでしょうか…。楽しみです。

午前、午後とも教室。


O本さんのキャンドルホルダーが完成。直径7cmほど。


もとはキャンドルホルダーとして作ったのではなかったのですが、諸事情でキャンドルホルダーになりました(笑)。

ブルーとホワイトのガラスが爽やかで素敵です。
上部にはボールチェーンで飾りつけを。よいアクセントになります。

次は本来の目的だったものに再びとりかかられます!




S藤さんのオーナメントが完成。 高さ7cmほど。


クリスマスのオーナメントとして作られましたが、ペンダントトップなどにしてもよいかも…と他の生徒さんと話されていました。
吊り下げるための金具もただの丸カンなどではなく、真鍮を曲げて作られた物で、デザインの一部となっています。



もうひとつS藤さん。横7cmほどの小さなトレイ。


小さいけれど、けっこう凝ってます。
底板のガラスのチョイスも可愛い。
S藤さんらしい、モノトーンだけれど、とても可愛いくてオシャレな作品です。




午後からは体験のかたが。一輪挿しを選ばれました。


ブルー、イエロー、ブラウンの組みあわせが華やかでパッと目を引く感じ。
反対側はホワイトと淡いブラウンの抑えた組み合わせなのですが、その対比もいいです。

ハンダも最初は怖々されていましたが、とてもきれいに完成しました。


Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.