atelier SUETOMO
雪が舞い散る寒い一日でした。


T中さんのカレンダーホルダーが完成。カレンダー1枚のサイズはハガキくらいです。


星形が透かしになっているパネルをセンターに両側のパネルは真鍮管を使い、可動式になっています。
両側のパネルは透明のガラスが5mmほど間隔を開けてついていて、その隙間に12枚分のカレンダーがセットできるようになっています。


で、裏側は、こんな感じになっていて…



気分によって折りたたんで、こんな風にしたり…



こんな風にしたり…



こんな風にできたりします。



この作品を作り始める時、T中さんが、上記のようなパターンができるようなものにしたいと相談を受け、むむムムぅ~と、相当頭を悩ませましたが(笑)、何とかイメージ通りの物になったようで、よかったです。

ちなみに中に入っているカレンダーはT中さん作。
月ごとに違う写真は、何気にこれまでのご自身の作品集でもあります。
とってもユニークで素敵な作品になりました。




K多さんの干支パネルが完成。


背景のブルーが凄く爽やかな白馬さん。
ピンクと黄色の装具が、優しい雰囲気です。

ハンダの直前で気づいたミスがあり、2週にわたってのハンダ作業となりましたが、仕上げの鈴がついた瞬間のK多さんのテンションの上がり方が少女のように可愛らしくてこちらもニッコリ。

Powered By NINJA BLOG Copyright ©2002-2013 AYAKO SUETOMO All Rights Reserved.